『ひなたのじょんのび喫茶』

毎週金曜日20:00~20:30/毎週土曜日11:00〜11:30再放送
FMながおか周波数807
インターネットで全国からリアルタイムでご視聴いただけます!
http://www.fmnagaoka.com
■PCの場合には上記、FMながおかのHPから!
※スマートフォンでもアプリをダウンロードしていただくと聴取いただけます。

☆★じょんのび喫茶 ファミリー★☆


地元・長岡と共に歩んできた美松
美松は、戦後焼け野原となった長岡で、家族で楽しめる場所を作りたいという想いから始まりました。当時地元ではお菓子といえば和菓子が主流。洋菓子の文化はなく、家族団らんの場所もほとんどありませんでした。
美松は長岡への思いとともに歩んでまいりました。


みんなが、うれしい「食」のために。
ここにしかない。
ここにだけある「食」を考える。
現代の都会に住んでいる人たちは、昔から農村でふだん食べている家庭料理に着目し、感動感激し、採り入れようとしています。それは、自然で、新鮮、素材。郷愁といった事だけでなく安心、安全を強く求めているからです。

写真や会場についての簡単な説明を入力します。

長岡市で推進しています”まちなかまるごとタニタ食堂”プロジェクト参加1号店です。
市民の健康推進のための民間委託への施策であり、参加飲食店といたしましては、なるべく地元食材を
多く取り入れて地消地産を推進していきたいと考えております。
あえて多く咀嚼し20分以上かけて召し上がっていただくように噛み応えのあるように調理されております。
塩分3g、カロリー560kcalですが味も満腹感もじゅうぶんご満足いただけるものと思っております。

写真や会場についての簡単な説明を入力します。
まず気になるのがこの店名。
仏教用語で「和顔施」と書き、和顔とは笑顔。
施=ほどこす。
つまり”笑顔をサービスする。”という意味
なのです。
お客様に買い物を楽しんでもらいたい。
その為に楽しい商品を揃え、季節を感じる
ディスプレーを心がけ、スタッフはお客様の
楽しいお買い物のお手伝いをしたいと考えて
います。
店に一歩入った途端、楽しくて笑顔になる
・・・そんなお店です。

写真や会場についての簡単な説明を入力します。
一人でもふらっと立ち寄れる。博多ラーメンのお店。
味良し、人柄良し、是非ご堪能あれ!


長岡の100年続く蔵。ギャラリー沙蔵。
戦争を乗り越え、中に入れば時が泊まった様に落ち着くギャラリー。
ライブイベントや、個展、2階には素敵な喫茶店もあります。

写真や会場についての簡単な説明を入力します。
全メーカー・全車種取り扱いの車販部門を中心に
車買取・車検・鈑金・中古カー用品の買取販売・保険・ロードサービスと
「車の総合商社」として新潟県・福島県に25店舗。
地元密着型の「親切・楽しい・元気なお店」としてお客様とのご縁を大切に育てていきます。
平均年齢34歳!スタッフ200余名。若い力がお客様との関係をしっかり作る会社です。
ゆるきゃらのバッカちゃんがこれまたかわいい♪


坂井商事株式会社は明治5年、北越戊辰戦争で焼け野原となった長岡で創業した繊維問屋です。以来140年余り、時には時代遅れと表現されるほどの愚直な営業姿勢を信条とし築き挙げてきた『信用力』が私達の誇りです。
今日こうして商いを続けていけるのは、ひとえにお取引各位、地元の皆様のご指導の賜物と深く感謝しております。厳しい現実にさらされている繊維業界ですが、このような時こそ常に新しいことにチャレンジする改革精神、そして日頃からの真心のこもった対応が重要と考えております。


メディック太陽は1978年5月に医薬品販売業を主目的に太陽薬品株式会社として営業を開始し、1980年の第一号店開設以降、敷地2,000坪を超えるメディカルタウン、日本初のドライブスルー薬局、繁華街における医療モール開発等、常に新分野へ挑戦し、お客様の為の「かかりつけ薬局」を目指し先進の薬局を創り続けてきました。
2006年10月には更なる発展を期して、「太陽薬品株式会社」を「株式会社メディック太陽」に改称し、これと同時に地域の皆様に当社の施設であることをわかりやすくし社会的責任をはっきりと打ち出す為に、全薬局をすべて「メッツ」に名称変更しました。
そして、2010年9月より、地域に密着したサービス体制をさらに強化する為に介護事業を開始し、在宅医療を中心とした当社独自の「医薬介護を融合した地域包括ケアシステム」の構築に日々取り組んでおります。
これからも長い歴史の中で培ってきた倫理感溢れる企業風土を守りつつ、共存・共栄「他人ができないことをやろう」を合言葉に、「社会に有用な医療提供施設」の開発に挑戦してまいります。


リオネット・フィッティングポリシーとは、私たちリオネットがお客様に「使い続けていただける補聴器をお届けする」宣言です。補聴器は年々進化していますが、長く使い続けていただくには、販売員の高度な補聴器フィッティング技術が不可欠です。しかし、それだけではなく、すべての販売員がお客様の気持ちに寄り添い、「使ってみよう」と思っていただけるように行動することが大切と考えています。